過去の講演会Past Meeting

【第5回】
Japan Myopia Retina Club

名称 【第5回】Japan Myopia Retina Club
開催日 2021年10月23日(土)
開催時刻 13:00~17:00(約4時間)
開催場所 オンラインでのリモート開催(Zoom)
参加費 無料
単位について 日本眼科学会専門医制度 生涯教育事業
・認定事業番号:100029
・種別    :B-4
・単位数   :2単位
※単位付与希望者は、Zoomの参加登録(10月21日[木]にメルマガで配信予定)時に、必ず専門医番号を入力してください。
※Zoomのログで出席確認をいたします。また、このデータを日本眼科学会 専門医制度委員会に提出する場合もございますので、予めご了承をお願いします。
プログラム

開会の挨拶 代表世話人:生野 恭司

一般講演 13:00~14:00(各7分 講演 + 3 分 討論)

  1. 小児の近視の治療 Foo Li Lian
    (シンガポール国立眼研究所)
  2. AIを用いた近視性黄斑症の自動診断システム Ran Du
    (東京医科歯科大学)
  3. AIを用いた強度近視眼の篩状板の可視化 板谷 真子
    (東京医科歯科大学)
  4. MRIによる眼球形状解析の近視や人種との相関 松村 沙衣子
    (東邦大学医療センター大森病院眼科)
  5. 偽近視の特徴と近視進行との関連 Mengtian Kang
    (北京同仁医院)
  6. 近視性牽引黄斑症のOCT所見と病因解明 Shih-Wen Wang,Tzyy-Chang Ho
    (国立台湾大学)

教育講演 14:00~15:00(各25分 講演 + 5 分 討論)

  1. 子どもの近視の管理 up to date 五十嵐 多恵
    (東京医科歯科大学)
  2. 近視性網膜疾患の管理 生野 恭司
    (いくの眼科)

休憩 15:00~15:20(20分)

国際ゲスト特別講演 15:20~16:50(各30分 講演 + 15 分 討論)

  1. 近視進行抑制眼鏡DIMSレンズの3年間の使用効果報告 Carly Lam
    (香港理工大学)
  2. 強度近視眼における眼底病変 Ramin Tadayoni
    (パリ・ラリボシエール病院)

閉会の挨拶 代表世話人:大野 京子

ポスター

【第4回】
Japan Myopia Retina Club

名称 【第4回】Japan Myopia Retina Club
開催日 2021年04月09日(金)
開催時刻 19:00~20:30(約1.5時間)
開催場所 オンラインでのリモート開催
参加費 無料
内容 Presentations
  • Xie shiqi (Tokyo Medical and Dental University, Japan)

    Sclera defect at the penetration site of short posterior ciliary artery within the area of myopic patchy atrophy.

  • Shymaa. k. Hady (Tokyo Medical and Dental University, Japan)

    Pathologic Myopia and Punctate Inner Choroidopathy (PIC)

  • Tomonari Takahashi (Tokyo Medical and Dental University, Japan)

    Evaluation of the impact of eye volume change related to high myopia using 3D MRI

International Guest Speaker Session
  • Wong Chee Wai (Singapore National Eye Centre, Singapore)

    Is the choroid a key player in Myopic Macular Degeneration?

*Program is subject to change

【第3回】
Japan Myopia Retina Club

名称 【第3回】Japan Myopia Retina Club
開催日 2020年10月16日(金)
開催時刻 19時~21時(約2時間)
開催場所 オンラインでのリモート開催
参加費 無料
内容 Presentations
  • ・ Hidemi Kanai (Tokyo Medical and Dental University, Japan)

    Long-term Prognosis of Visual Development in Children with Congenital High Myopia.

  • ・ Keigo Sugisawa (Tokyo Medical and Dental University, Japan)

    Premacular Bursa and Surrounding Vitreous Gel investigated by Ultra-widefield OCT.

  • ・ Mariko Yana (Tokyo Medical and Dental University, Japan)

    Macular Functional Changes evaluated with MP-3 Microperimetry after anti-VEGF therapy for Myopic Macular Neovascularization.

  • ・ Takashi Watanabe (Tokyo Medical and Dental University, Japan)

    Comparison of Clinical Features in Highly Myopic Eyes with and without Posterior Staphyloma evaluated with Ultrawide-Field Swept-Source OCT.

  • ・ Kengo Uramoto (Tokyo Medical and Dental University, Japan)

    Characteristics of Pseudo Macular Hole Retinal Detachment in Pathologic Myopia.

  • ・ Michiyuki Saito (Hokkaido University, Japan)

    Choroidal circulation in tilted disc syndrome with iniferior staphyloma.

  • ・ Yasushi Ikuno (Ikuno Eye Center, Japan)

    Macular hole closure after vitrectomy in myopic eyes.

International Guest Speaker Session
  • ・ Min Kim (Yonsei University College of Medicine, South Korea)

    Macular hole after vitrectomy: Risk factors and Treatment strategies.

  • ・ Wei-Chi Wu (Chung Gung Memorial Hospital, Taiwan)

    Myopia in school-aged children with preterm birth: the roles of time spent outdoors and serum vitamin D.

【第2回】
Japan Myopia Retina Club

新型コロナウイルスの感染予防対策として第2回Japan Myopia Retina Clubは中止となりました。
名称 【第2回】Japan Myopia Retina Club
開催日 2020年4月18日(土)
開催時刻 19時~21時(約2時間)
開催場所 国立大学法人東京医科歯科大学M&Dタワー』 
13階 大学院講義室2 住所:〒113-8510 東京都文京区湯島1-5-45
参加費 無料
プログラム 未定

【第1回】
Japan Myopia Retina Club

名称 【第1回】Japan Myopia Retina Club
開催日 2019年10月24日(木)
開催時刻 20時~22時(約2時間)
開催場所 TKPガーデンシティ京都』 7階「橘」 住所:京都府京都市下京区七条下ル東塩小路町721-1
参加費 無料
プログラム
  • (1)Takeshi Azuma, Tae Yokoi, Kyoko Ohno-Matsui (TMDU)

    Polarization-sensitive optical coherence tomography (PS-OCT) reveals the scleral structure in patients with pathologic myopia.

  • (2)Yuka Onishi, Tae Yokoi, Kyoko Ohno-Matsui (TMDU)

    Three-year outcomes of intravitreal aflibercept for choroidal neovascularization in patients with pathologic myopia.

  • (3)Mariko Yana(TMDU)

    TBA

  • (4)Kaori Sayanagi (Sayanagi Eye Clinic)

    Two case reports with atypical mCNV

  • (5)Yasushi Ikuno (Ikuno Eye Center)

    Mystery cases of mCNV